浮気調査の条件を指定して料金を安くする方法


浮気調査の条件と料金を安くする方法

浮気調査をしてもらうと、思わぬ高額料金を支払うことになる、なんてことは多々あります。
その理由として、浮気の証拠を予想していた期日内で揃えることが出来なくて調査を延長することで、お金が多く掛かってしまうケースです。

浮気調査はどうしても相手(調査対象者または浮気相手)に左右されることが多いので、調査時間が延びてしまうことは間々あることです。

しかし、出来れば安い料金、または自分が希望する料金の範囲内で調査をしてもらいたいと思うのが普通です。

そこで、調査を予算以内で終わらせるために、浮気調査に条件を指定することで安く調査をしてもらうことが出来ます。

条件とは、

例えば、「今度浮気をする曜日が分かっている」場合には何日の何曜日に集中して調査をしてもらう。

または、調査対象者の一日の行動から、「何時から何時の間が怪しい」と判断してその時間だけ調査をしてもらう。

他にも、調査をしてもらう最低人数が「2名以内」など条件を指定しておけば無駄な調査をする必要がなくなり、比例して調査料金も安くなるのです。

これらの条件を指定するときの注意点としては、依頼を出す探偵の調査条件について詳しく知っておくこと、そして依頼先の探偵が自分が指定した条件でのみ、調査をおこなってくれるかどうか判断することが大事です。

条件をせっかく指定したのに、探偵の独断で行動されて調査料金を後から多く請求されたのではたまったものではありません。

これらの条件をパスすることが出来る探偵を探すことが大事です。





(C) 浮気調査と高い延長料金